PR

ライフ ライフ

石原さとみさん、「フェルメール展」ナレーションに挑戦 音声ガイドは来場者全員に無料貸し出しも

「手紙を書く婦人と召使い」1670~71年頃 油彩・カンヴァス アイルランド・ナショナル・ギャラリー Presented, Sir Alfred and Lady Beit, 1987 (Beit Collection) Photo (C) National Gallery of Ireland, Dublin NGI.4535
Messenger

 「フェルメール展」(産経新聞社など主催、特別協賛・大和ハウス工業、ノーリツ鋼機、協賛・第一生命グループ、リコー)が東京で来月5日に開幕するのを前に、展覧会ナビゲーターを務める女優、石原さとみさん(31)が、音声ガイドのナレーションに初挑戦した。美術鑑賞を目的に旅をすることも多いという“アート好き”とあって、台本作りから積極的に参加。「フェルメールの絵はいろんな物語を想像させる。それが楽しい」と熱っぽく語った。(黒沢綾子)

 ◆柔らかいトーン

 上野の森美術館(東京都台東区)で開催する同展では、光の魔術師とも称される画家、ヨハネス・フェルメールを中心に、17世紀のオランダ絵画黄金期を約50点でたどる。特にフェルメール作品は、国内展最多の9点(うち2点は期間限定)を展示。同館は、絵をより深く味わうための情報提供として、石原さんが担当した音声ガイドを来場者全員に無料で貸し出す。

 「フェルメールの絵が柔らかいので、肩の力を抜いて柔らかく吹き込みました」と収録を振り返る石原さん。初挑戦の音声ガイドには「映像ありきのナレーションではなく、動かない一枚の絵に対し、耳からの情報だけでイメージをふくらませてもらわなきゃいけないので難しい」と奥深さも感じたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ