PR

ライフ ライフ

宇宙の余命は1400億年以上 暗黒物質の分析で東大など将来予測 数百億年説を否定

Messenger

 宇宙の物質の大半を占める正体不明の「暗黒物質」の分布を調べ、宇宙が今後1400億年以上は存在し続けることが分かったと、東京大や国立天文台などの研究チームが26日、発表した。従来は数百億年で最後を迎えるとの説もあったが否定された形だ。

 宇宙がビッグバンで誕生したのは138億年前で、少なくともあと10倍の“余命”がある計算になる。論文をインターネット上で公開した。

 現在の宇宙は速度を上げながら膨張している。このまま膨張が続くのか、収縮に転じるのかは、よく分かっていない。鍵を握るのは、光や電波では観測できない暗黒物質と、宇宙に満ちている「ダークエネルギー」と呼ばれる謎のエネルギーだ。

 ダークエネルギーは宇宙を膨張させる力がある。一方の暗黒物質は、強い重力によって宇宙を収縮させる力を持つ。宇宙の将来は、この2つの力のせめぎ合いによって決まるとされる。

 ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は膨張し続け、全ての物質が崩壊する。一方、暗黒物質が強ければ、ある時点で宇宙は収縮に転じて消滅すると考えられている。

 研究チームは、米ハワイ島のすばる望遠鏡で2014~16年に観測した約1千万個の銀河を分析。強い重力で光の進む方向が曲げられる「重力レンズ効果」がどのように表れているかを調べ、暗黒物質の分布状況を明らかにした。

 このデータとダークエネルギーの推定量などをもとに、世界最高レベルの精度で宇宙の将来像を予測。その結果、今後少なくとも1400億年は“安泰”なことが、95%の確率で分かった。

 この時点でも星雲や恒星などは存在し、宇宙は膨張を続けているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ