PR

ライフ ライフ

新潮45休刊に「言論で対応すべきだった」 辻田真佐憲氏 

月刊誌「新潮45」10月号
Messenger

 近現代史研究者の辻田真佐憲さんの話 極端から極端に振れたという印象だ。こういう問題が起きるとすぐに「休刊すべきだ」となりがちだが、それでは話を単純化してしまう。問題の記事を寄稿した人が「言論弾圧だ」と主張する言質を与えることにもなる。これが前例となると、今度はリベラル系の雑誌が問題を起こした際に、休刊の圧力が強まる結果にもなりかねない。次号で性的少数者(LGBT)についての多様な意見を紹介するなど、きちんと言論で対応すべきだったのではないか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ