PR

ライフ ライフ

インバウンド、コンソーシアム…官公庁のカタカナ表記「分からない」5割超

Messenger

 文化庁が25日公表した平成29年度国語に関する世論調査では、カタカナ語の理解状況についても尋ね、官公庁で訪日外国人旅行(者)という意味で使われる「インバウンド」と、共同事業体を指す「コンソーシアム」の意味が分からないと回答した割合が5割を超えた。外国人観光客の急増で注目されるインバウンドなど、一部のカタカナ語が定着していない実態が浮かんだ。

 調査は、外来語や外国語のカタカナ表記について、国民がどのように受け止めているかを把握するため、(1)指針・ガイドライン(2)作業部会・ワーキンググループ(3)共同事業体・コンソーシアム(4)訪日外国人旅行(者)・インバウンド(5)追跡調査・フォローアップ(6)意見公募・パブリックコメント-という漢字を用いた語とカタカナ語の6つの組み合わせについて、「同じ意味か、使い分けができるか」を尋ねた。

 これらは国立国語研究所「外来語言い換え手引き」(18年)で言い換えが提案された代表的な5つの語に、文化庁のほか各省庁で一般的に使われる「インバウンド」を加えたもので、いずれも同じ意味という前提。官公庁の文書ではカタカナ語がよく使われている。「カタカナ語を使う場合、微妙に意味合いが違うと考えている可能性がある」として「使い分けができるか」も合わせて尋ねた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ