PR

ライフ ライフ

借金をなし崩しの意味は…3人に2人が違う意味に 文化庁の国語調査

Messenger

 「借金をなし崩しにする」の意味を本来の「少しずつ返していく」と回答した人が19・5%にとどまったことが25日、文化庁の平成29年度国語に関する世論調査で分かった。「なかったことにする」と回答した人は65・6%に上り、3人に2人が本来と違う意味で使っているとみられる。

 文化庁によると、辞書では最初に「借金を少しずつ返していく」が挙げられるが、「物事を少しずつ崩していく」や「あいまいにしていく」という意味でも使われている。

 「檄(げき)を飛ばす」も本来の「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求める」を選んだ割合は22・1%。本来と違う「元気のない者に刺激を与えて活気づける」は67・4%と、「激励」の意味と勘違いしている人が多いとみられ、「監督がゲキを飛ばした」といったスポーツ紙などのカタカナ表記が影響した可能性もあるとしている。

 「彼はやおら立ち上がった」という文脈で使われる「やおら」は本来の「ゆっくりと」が39・8%、本来と違う「急に、いきなり」は30・9%。文化庁は「言葉は時代や場所で変容し、本来と違っても誤用とまではいえない」とする。

 国語世論調査は、国語への意識や理解の現状を調べて施策に生かすため、文化庁が7年度から実施している。29年度調査は30年3月、16歳以上の男女3579人を対象とし、2022人が回答。国語や言葉への関心なども調べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ