PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『悪玉伝』朝井まかて著 江戸を相手に闘った大坂商人

『悪玉伝』朝井まかて著 江戸を相手に闘った大坂商人
Messenger

 デビュー当時から書きたいと思ってはいたものの、「史実がフィクションみたいに面白すぎて」執筆を留め置いていたと著者が語るのは、江戸時代最大の贈収賄事件「辰巳屋一件」。大岡越前守忠相が実際に裁いたとされるこの事件は、大坂の一商人・木津屋吉兵衛が、実家の辰巳屋の相続争いに巻き込まれ、騒動はなぜか時の将軍・徳川吉宗の耳にまで届く一大事に発展していく、というもの。

 物語は吉兵衛(大坂)と、官僚人生も下り坂に差し掛かった大岡越前(江戸)の両視点で進む。裁判制度が確立していく過渡期に起こったこの事件で炙(あぶ)り出されていくのは、当時の上方で典型的な粋な男の吉兵衛と、政(まつりごと)の第一線でバリバリ働いてきた大岡越前を取り巻く東西の文化の違いだ。人情と口八丁を武器とする吉兵衛にとっての“ご挨拶”は贈り物か、それとも賄賂か。忖度(そんたく)が忖度を呼び、事件が拡大していくさまは、さながら昨今の事件を彷彿(ほうふつ)させる。

 派手で公家好き、放蕩(ほうとう)の限りを尽くしてきた吉兵衛が一転、仕事も友人もすべてを失い、どん底から這(は)い上がる姿をこそ描きたかったと著者。直木賞受賞作『恋歌』でも話題を呼んだ牢獄(ろうごく)シーンは今作でも健在だ。凄惨(せいさん)な場面のはずなのに、どこかユーモラスなのは「追いつめられると笑えてしまう」吉兵衛の大坂人気質ゆえか。

 表紙を飾るのはラストに関わってくる紅白の牡丹(ぼたん)。史実は曲げないし変わらない。しかしラストまで読めば、必ず力をもらえる一冊だ。(KADOKAWA・1600円+税)(KADOKAWA文芸局 辻村碧)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ