PR

ライフ ライフ

甲府の護国神社で平和願い揮毫「心満意足」

世界平和の思いをこめて揮毫する書道家の桑名龍希さん=21日、甲府市岩窪町(昌林龍一撮影)
Messenger

 国連が定めた「国際平和デー」の21日、甲府市岩窪町の山梨県護国神社で平和祈願祭が行われた。同県身延町出身の女性書道家、桑名龍希さんが「心満意足」の文字を揮毫(きごう)し、奉納した。

 全国の護国神社で行う揮毫などを通し、「和の精神の普及」を訴える「和プロジェクト TAISHI」が主催した。

 羽中田康司禰宜(ねぎ)が本殿で平和祈願を行った後、本殿内に縦90センチ、横3メートル60センチの和紙が置かれ、地元の「岩窪つつじケ崎太鼓」の演奏のなか、桑名さんが「心満意足」と大きな文字で揮毫した。

 この後、桑名さんは「一人一人の心が満ち足りてこそ平和につながっていく。奉納した文字を見て、平和を意識していただければ」と話した。

 桑名さんが文字を小さくした揮毫も奉納しており、神社は10月4、5日に行う秋の例大祭などで、参拝者に公開する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ