PR

ライフ ライフ

長野県軽井沢町産の生ホップ使用ビール 星野エリアで販売

収穫されたばかりの軽井沢町産のホップ
Messenger

 ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は10月1日、同町で収穫されたばかりの生のホップを使った「軽井沢ビールクラフトザウルス軽井沢フレッシュホップエール」を、同町内の星野エリアにある「カフェハングリースポット」で販売を開始する。

 通常のビールでは、乾燥や圧縮の工程を経たホップを使うが、フレッシュなホップの味わいを楽しんでもらおうと、この時期限定のビールとして提供する。かんきつ系と生のホップ由来の香りが特徴という。たるでの提供となり、価格は1杯(330ミリリットル)780円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ