PR

ライフ ライフ

探査機はやぶさ2、小惑星に小型ロボット投下 史上初の移動に挑む

Messenger

 小惑星「リュウグウ」を観測中の探査機「はやぶさ2」が21日、地表に向け小型ロボットを投下した。地面をジャンプして移動させる計画で、成功すれば重力が微小な天体での機体移動は史上初。はやぶさ2は到着から約3カ月を経て、本格的な探査が始まる。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさ2は20日、高度約20キロの位置から徐々に降下。21日午後1時6分、高度を55メートルまで下げ、底部から小型ロボット「ミネルバ2-1」を2機、北半球の地表に向けて投下した。着地の成否は分かっていない。

 会見した津田雄一プロジェクトマネージャは「われわれにとって非常に大きな一歩。技術的に大きなハードルを越えた」と話した。

 ロボットは重力がごく小さい環境での移動技術を実証するため、JAXAが開発した。リュウグウは重力が地球の8万分の1しかなく、車輪を使うと機体が浮いてしまう。このため、内蔵モーターの回転の勢いでジャンプして移動する独自の仕組みを採用した。

 直径18センチ、高さ7センチの円筒形で、重さは約1キロ。地球からの指示を受けずに自律して活動し、地表の撮影や温度の測定を行う。来月3日にはドイツとフランスが共同開発した小型ロボットを投下する。

 小惑星でのロボットの移動は初代はやぶさも試みたが、着地に失敗している。

 はやぶさ2は6月下旬、リュウグウに到着。来月下旬から来春にかけて地表や地下の物質を採取し、平成32年末に地球へ帰還する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ