PR

ライフ ライフ

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『14ひきのおつきみ』 月を待つ

Messenger

 もうすぐ中秋の名月です。長年、子供たちに愛され、読み継がれてきた、いわむらかずおさんの「14ひきのシリーズ」に『14ひきのおつきみ』(童心社、昭和63年)があります。

 物語は、雑木林に暮らす野ねずみのきょうだい9匹が、木の枝を切り、運び、組み立てて家の上にお月見台を作るところから始まります。お月見台が出来上がると、10匹目の末っ子のとっくんをおんぶしたおじいちゃん、おばあちゃん、お月さまへのお供えを籠(かご)に担いだお父さん、お母さんも登ってきます。

 ススキを飾り、お団子や栗の実、どんぐりをお供えした頃、まんまるお月さまが顔を出します。

 ぽっかり浮かんだお月さまと、それを見つめる14匹の家族の後ろ姿は美しく幻想的です。

 「おつきさん ありがとう、たくさんの みのりを ありがとう、やさしい ひかりを ありがとう」と、月の神秘的な力と実りへの感謝を込めてお月さまに手を合わせ、家族みんなでお月見を楽しみます。そして、14匹は静かに眠るのです。

 昼から夕方、夜への時間の流れと、月の光の変化が繊細な色で表現されています。読者はその美しさに引き込まれていき、その場の空気や音までを感じることができます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ