PR

ライフ ライフ

「新潮45」が杉田水脈氏擁護の特集を掲載 新潮社内から異論

20日午後、自民党総裁選の投票を終えた杉田水脈氏=東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
Messenger

 新潮社の月刊誌「新潮45」が18日発売の10月号で、LGBT支援を疑問視する記事を同誌に寄稿し批判を受けた自民党の杉田水脈(みお)衆院議員を擁護する特集を組んだところ、同社のツイッター公式アカウントの一つ「新潮社出版部文芸」が同誌を批判する投稿を次々とリツイート(転載)するなど、社内から同誌批判の動きが生じる異例の事態となっている。

 特集は「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、同誌8月号掲載の杉田氏の寄稿が「見当外れの大バッシングに見舞われた」と位置づけ、「真っ当な議論のきっかけとなる論考をお届けする」として評論家ら7人の寄稿を掲載。発売直後から作家らがツイッター上で「慄然とする」「新潮さんの出版物、もう買いませんし、原稿も引き受けません」と投稿するなど批判的反応が相次いだ。

 「新潮社出版部文芸」はこれらの批判を続々とリツイートし、また同社創業者、佐藤義亮の「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」との言葉を投稿するなど、自社媒体に対し異例の社内批判を展開している。

 新潮社は同アカウントについて、「特定個人の発信ではなく、複数の社員で共有しているもの」と説明。今回の動きに関し、「『新潮45』の記事については、社内でもさまざまな意見が存在していますが、弊社では言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っておりません」とコメントしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ