PR

ライフ ライフ

私大罰則強化当面見送り 入学定員超是正で文科省

3月、京都大の入試に合格し、柔道部員に胴上げされる受験生=京都市左京区の京都大学(寺口純平撮影)
Messenger

 文部科学省は18日、都市部の私立大への学生集中回避に向け、入学定員を1人でも超えた場合、平成31年度から超過人数に応じて助成金を減額するとした罰則強化策の導入を当面見送ると決めた。近年の対策で合格者の抑制傾向が鮮明となり、受験競争が激化。入学式直前まで追加合格を出す大学が続出するなど混乱が生じていたが、今回の見送りで門戸が一層狭くなることは避けられそうだ。19日にも各大学に通知する。

 私大は従来、大規模校では入学定員充足率を120%までに抑えれば助成金が交付されていた。しかし、都市部を中心に辞退に備え合格者を多めに出してきたため地方の若者離れが進んだとして文科省は不交付基準を厳格化し、28年度は117%、29年度は114%、今春は110%とした。31年度は今春の基準に加え、100%を超えた場合にさらに減額も行うとしていたが、これまでの措置で一定の効果が出たと判断した。

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ