産経ニュース

【聞きたい。】田中圭子さん 『うらめしい絵 日本美術に見る怨恨の競演』 心をざわつかせる何かがある

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
田中圭子さん 『うらめしい絵 日本美術に見る怨恨の競演』 心をざわつかせる何かがある

『うらめしい絵 日本美術に見る怨恨の競演』 『うらめしい絵 日本美術に見る怨恨の競演』

 「美しく、目に楽しいのに、心をざわつかせる何かが入っているのが『うらめしい絵』の特徴」

 白装束で足がない、円山応挙作のいわゆる幽霊画を筆頭に、江戸から昭和初期にかけての14作を取り上げ、絵に秘められた物語や描かれた理由をひもとく。

 3年前に開催された東京芸術大学大学美術館の幽霊画展や、9年前には、当時勤めていた米・クラーク日本美術文化研究センターでも美人画表現の一つとして幽霊画の展示に携わった。

 死んだ女性を描いた絵は、「ホラー・コメディーを見ているよう、整形に失敗した女優に似ているなど(笑)。怖いものという見方ではなく、面白い表現という評価でした」。

 恨みを抱き、死んだ人を描く幽霊画のジャンルは、日本以外に類を見ないそうだ。「うらめしい」という言葉も翻訳しにくく、「嫉妬、復讐(ふくしゅう)、怒りなどいろいろな言葉で置き換えられるが、複雑な感情を一語で表す語がなかった」という。

 「内に秘め表に出さないけれど、どんどん心にため込んでしまっている-すごく日本人的な感情表現」

 幽霊画のジャンルが成立したのは18世紀ごろからだ。おびえ恐れるだけだった怪異や妖怪を、実証的に研究する風潮が出てきた。信仰面でも、神仏中心から人間中心の社会に変わっていくなかで、お化けや幽霊が娯楽に変わっていく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 田中圭子さん 『うらめしい絵 日本美術に見る怨恨の競演』 心をざわつかせる何かがある

「ライフ」のランキング