産経ニュース

【書評】東洋学園大学教授・櫻田淳が読む『【戦後史の解放II】自主独立とは何か』細谷雄一著 現在も残る日本の病

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
東洋学園大学教授・櫻田淳が読む『【戦後史の解放II】自主独立とは何か』細谷雄一著 現在も残る日本の病

『【戦後史の解放II】自主独立とは何か』細谷雄一著 『【戦後史の解放II】自主独立とは何か』細谷雄一著

 宮澤や丸山に対する批判は、本書の白眉であろう。こうした「国際性の欠落」や「視野狭窄」の色合いが濃い議論は、先年の安保法制審議の事例にみるように、現在でも折々に披露されているのである。

 「日本」でなく「世界の中の日本」を凝視する本書は、米国主導の国際秩序の動揺が語られる折、時宜を得たものであり、その意義は甚だ大きい。願わくは本書を通じて、「世界の中の日本」という視点が日本における公論の「常識」として定着することを。(新潮選書、各1300円+税)

「ライフ」のランキング