産経ニュース

【編集者のおすすめ】『日本アホバカ勘違い列伝』北岡俊明著 勘違い発言を「斬り捨て御免」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
『日本アホバカ勘違い列伝』北岡俊明著 勘違い発言を「斬り捨て御免」

『日本アホバカ勘違い列伝』北岡俊明著 『日本アホバカ勘違い列伝』北岡俊明著

 著者の北岡俊明さんは、日本ディベート研究協会会長。自民党の総裁選に出ている石破茂さんの著書『政策至上主義』にもお名前が登場します。

 北岡先生から「ディベートの最大の効用は万巻の書を読まざるを得ないということである。ディベートとは読書の戦いであると言っていい。大量の本を読まないと他のディベーターに徹底的に論破される」との指導を受け、その教えを守っているとか。

 だから、「本ばかり読んでいないでもっとメシを食い、酒を飲み、付き合いの幅を拡げるべきだ」との指摘を周囲から受けても、石破さんは「こればかりはスタイルなので致し方ありません」と記しています。そんな読書家でもある北岡先生が定義する「アホバカ勘違い人間」とは-こんな面々です。

 (1)生まれながらの特権・利権をもった世襲人間(2)能力がないのに有名になり図に乗っている人間(3)能力がないのに、自分を偉いと錯覚し、価値観を押しつける人間(4)国民の血税をすすっている人間(5)勘違いしている組織やテレビ局の人間-。

 本書では、とりわけテレビの報道番組などに出てくるコメンテーター(池上彰氏、尾木直樹氏ら)、映画監督(是枝裕和氏ら)等々の「勘違い」発言などを具体的に解析し論駁(ろんばく)しています。その他、「斬り捨て御免」の対象となるのはどんな人たちかは読んでのお楽しみ?

 その追及は、日本の防衛政策や韓国の反日論の「勘違い」にも向けられていきます。(ワック・920円+税)

 ワック「歴史通・書籍」編集長 仙頭寿顕

「ライフ」のランキング