PR

ライフ ライフ

がん患者最多86万7千人 大腸がんが胃がんを抜き1位に

Messenger

 国立がん研究センターは14日、平成26年に新たにがんと診断された人は86万7千人で、過去最多を更新したと発表した。高齢化に伴って増加し、30年は101万4千人になると予測している。部位別で最も多かったのは大腸がんの13万4千人で、25年に1位だった胃がんを抜いた。戦後の衛生状態の改善で胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が減ったためとみられる。

 大腸がんは、食の欧米化が要因の一つとされ、増加傾向にある。がん対策情報センターの若尾文彦センター長は「大腸がんは検診で死亡率を減らせる」と呼びかけた。

 研究センターは都道府県が集める「地域がん登録」のデータを分析。がん患者の内訳は男性が約50万2千人、女性は約36万6千人だった。部位別では、男性は胃が最も多く8万7千人、次いで肺、大腸、前立腺、肝臓。女性は乳房が最多で7万6千人、大腸、胃、肺、子宮が続いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ