産経ニュース

【平成の証言】「私は国のことをするために、東京都のことをしようと思っている」(11年4月~7月)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【平成の証言】
「私は国のことをするために、東京都のことをしようと思っている」(11年4月~7月)

東京都知事選で初当選が決まり、報道陣に囲まれて座り込んで会見する石原慎太郎氏=平成11年4月11日 東京都知事選で初当選が決まり、報道陣に囲まれて座り込んで会見する石原慎太郎氏=平成11年4月11日

11年5月

 「トキの数が増え、繁殖の保証の根拠ができれば、昔のように野に戻すのがベターだと思っている」(真鍋賢二環境庁長官)

 21日、新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育されていた中国産のトキのペアから生まれた卵の1つが無事孵化(ふか)した。トキの人工繁殖の成功は国内初。当時、国産で生きていたのは高齢の1羽だけで、絶滅寸前だった学名「ニッポニア・ニッポン」が再び日本の空を舞うことに、関係者は期待を膨らませた。

 その後、トキは19年に100羽を超え、20年に放鳥を開始。野生下での繁殖も実現している。

11年6月

 「最初はいかにもロボットだったのが、だんだん犬らしくなってきた。かまってやると、どんどん覚えていく」(埼玉県所沢市の50歳男性)

 1日、ソニーが新開発した子犬ロボット「AIBO(アイボ)」の予約受け付けがインターネットで始まり、25万円の価格にもかかわらず、限定3千台がわずか20分で完売する人気となった。アイボは体重1・6キロで、頭部などに各種センサーを内蔵し、「育て方によって甘えん坊にも、怒りん坊にもなる」とソニー。生産終了後も“飼い主”による活動が続けられ、今年1月には新型が登場している。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング