産経ニュース

【近ごろ都に流行るもの】「進化形フリーズドライ食品」 カツカレーに親子丼…驚きの復元力 “非常食グルメ”にも

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【近ごろ都に流行るもの】
「進化形フリーズドライ食品」 カツカレーに親子丼…驚きの復元力 “非常食グルメ”にも

直前まで四角い塊だったとは思えないチキンカツカレー(手前)など、すべてがフリーズドライ食品だ 直前まで四角い塊だったとは思えないチキンカツカレー(手前)など、すべてがフリーズドライ食品だ

 同社では、「匠」と呼ばれる技術顧問の島村雅人さん(60)を中心に、驚きのメニューへの挑戦を続けている。チキンカツカレーは2年前、新技術・食品開発賞(主催・日本食糧新聞社)に輝いた「とんかつの玉子とじ」を応用進化させた自信作という。

 東京店、福山店(広島県)に続いて一昨年オープンした横浜店は、54平方メートルに約100種のフリーズドライ食品が並び、イートインスペースも15席ある。お湯と器が用意され、1杯100円のみそ汁からパスタやリゾット、にゅうめん、シチュー、おしるこなどが手軽に食べられると好評だ。

 多い日は約200人が来店し、女性客が多いが男性客も3割。海外出張のおみやげ、単身家族への仕送り、コンペの景品など、ギフト需要も高まっている。

 常連の横浜市内の専業主婦(49)は、「ここのカレーが大好き。友達から親子丼もおいしいと聞いて、今日はそちらも買った。家族で週末の朝食に食べていますが、家事が休めて助かります」

      

 フリーズドライ食品市場はみそ汁を除いたスープだけでも年間192億円(今年予測)に達し、9年前の1・4倍超に増えている(富士経済調べ)。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「進化形フリーズドライ食品」 カツカレーに親子丼…驚きの復元力 “非常食グルメ”にも
  • 「進化形フリーズドライ食品」 カツカレーに親子丼…驚きの復元力 “非常食グルメ”にも

関連ニュース

「ライフ」のランキング