PR

ライフ ライフ

「モス」で食中毒 8都県28人が症状訴える 「本部納入食材が原因の可能性高い」

Messenger

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の東京や神奈川などのフランチャイズ店19店で、8月に食事をした計28人が食中毒の症状を訴えていることが14日分かった。厚生労働省が明らかにした。

 厚労省は、このうち12人から検出された腸管出血性大腸菌は遺伝子の型が一致したとしている。モスフードサービスは14日、「(店が)チェーン本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い」と発表した。

 厚労省やモスフードサービスによると、食中毒を訴えたのは8月10~23日に利用した28人で、19店の所在地は栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野の8都県。

 このうち長野県では、上田市の「モスバーガー アリオ上田店」で8月20日に飲食した長野、小諸両市などの10~20代の男女計4人が腹痛などを訴え、検査の結果、いずれも腸管出血性大腸菌「O(オー)121」が検出された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ