PR

ライフ ライフ

埼玉県民の警察官 3氏に栄誉 治安維持に貢献 

埼玉県公安委員会会議室で開かれた「埼玉県民の警察官」選考委員会=14日、さいたま市浦和区
Messenger

 埼玉県民の安全を守るために尽力している警察官を表彰する「第41回埼玉県民の警察官」(産経新聞社主催)の選考委員会が14日、さいたま市浦和区の県公安委員会会議室で開かれ、受章者に浦和東署地域課の佐藤隆警部補(56)▽県警鑑識課の澤尻智警部補(55)▽県警留置管理課の阿久津孝警部補(54)-の3人が選ばれた。表彰式は11月29日、プリムローズ有朋(同市浦和区)で行われる。

 「県民の警察官」は、長年にわたって治安維持の第一線で活躍してきた警察官に贈られる。(1)53歳以上59歳以下(2)勤続25年以上(3)警部補以下の階級(4)勤務成績が優秀(5)警察本部長優秀職員表彰歴がある-に該当する警察官の中から、県警が総合的に判断し、特に優秀な5人を最終候補者として絞り込んだ。

 山本恭茂訟務官から各候補者の功績や表彰歴が紹介された後、選考委員が意見を交換し合い、「(選ばれた3人以外も)候補者の経歴は皆素晴らしい」「来年受章できる可能性はあるのか」などと意見や質問が出た。最後に来年以降で受章者を3人から5人に増やすことができないか議論をして委員会が終了した。

 厳正な審査の結果、今年は警部補3人の受章が決定した。(川上響)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ