PR

ライフ ライフ

初公開の「徳川宗家銀印」も「徳川の栄華展」開場式 新潟県立歴史博物館 

初公開される●(=徳の心の上に一)川宗家の銀印「経文緯武」(けいぶんいぶ)を鑑賞する来賓ら=14日、新潟県長岡市関原町の県立歴史博物館(池田証志撮影)
Messenger

 長岡開府400年を記念して、企画展「徳川の栄華-徳川家、日光東照宮、牧野家ゆかりの名品-」の開場式が14日、新潟県立歴史博物館(同県長岡市関原町)で開催された。国宝や重要文化財の展示を通じ、長岡に入封した牧野氏と徳川将軍家の関係を振り返る同展は15日に開幕し、11月4日まで3期に分けて計約160点が展示される。

 開場式では、徳川宗家の徳川恒孝18代当主が「徳川時代が作った日本の基本を見ていただきたい」とあいさつした後、花角(はなずみ)英世新潟県知事らがテープカットを行った。

 同展では、牧野家、徳川家に加え、日光東照宮にゆかりのある貴重な文化財を展示。●(=徳の心の上に一)川宗家で平成29年に発見された銀印「経文緯武」(けいぶんいぶ)も本邦初公開される。

 来賓として内覧会に参加した長岡市の主婦、星野紀子さん(70)は「牧野さまと徳川家がこんなにご縁があることに感動した。2回、3回と足を運びたい」と興奮した様子で話した。

 休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)。入館料は一般1020円、高校・大学生700円、中学生以下無料。問い合わせは同館(電)0258・47・6130。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ