PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】パソナグループ代表・南部靖之(4) 米メディアで「日本のトランプ」

南部靖之さん(荻窪佳撮影)
Messenger

 〈会社を任せて勉強に渡った米国で「日本のトランプ」とメディアに紹介された〉

 アメリカン航空の機内誌で、大学生で起業した日本のベンチャー経営者が米国に移住したという記事が取り上げられたんです。そこに「日本のトランプ」と。その記事をレーガン米大統領が読んで、ホワイトハウスから「会いたい」と電話がありました。日本の総理大臣と会ったこともないのに、米大統領ですよ。珍しかったんでしょうね。

 そんなこともあって、人脈を広げることができました。具合が悪くパーティーを欠席した妻の代わりに横に立ってくれたサッチャー英首相や、レーガン大統領とゴルバチョフソ連書記長と3人で並んで撮影した写真はいい思い出です。

 〈平成7年1月、故郷である神戸で阪神・淡路大震災が発生。急遽(きゅうきょ)、日本に帰国する〉

 家族を米国に残し、すべての予定をキャンセルして神戸に向かいました。経済人として何ができるか。家や店を失い、仕事をなくした人たちがたくさんいる。とにかく、雇用を確保しよう、と。それだけでした。神戸支店も被災し、東京から多くの社員が現地入りしました。雇用を確保するには、営業だけでは追いつかない。「仕事下さい」と新聞広告を出したら、「寮も用意できる」「社員食堂を使っていい」などと、全国から連絡が集まりました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ