PR

ライフ ライフ

商業捕鯨再開、14日に結論 IWC総会、合意困難

 クジラ保護推進のための宣言を採択した国際捕鯨委員会(IWC)総会=13日、ブラジル・フロリアノポリス(共同)
Messenger

 ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は13日、4日目の協議を終えた。商業捕鯨の再開を盛り込んだ日本の提案の扱いは閉幕日の14日午前に結論を出す予定となった。反捕鯨国は反対の姿勢を鮮明にしており、合意は極めて困難な情勢だ。

 日本は資源が豊富な一部鯨種の商業捕鯨の再開と、決定手続きの要件緩和を一括で提案し、意思決定ができない機能不全の打開につながると訴えた。反対表明のないことで合意とみなす「コンセンサス合意」を目指している。

 日本提案は13日に審議に入ったが、反捕鯨国は「(再開に反対という)商業捕鯨への立場は変わらない」(ニュージーランド)などと反発。日本は協議継続を求め、議長が「最終日に何らかの決定をしたい」との方針を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ