PR

ライフ ライフ

【短編小説の自由】保坂和志さん/円城塔さん

保坂和志さん
Messenger

 短編小説という器は、短さゆえに自由で先鋭的な手法が試みられやすい。優れた短編に贈られる川端康成文学賞の受賞作を収めた単行本を出した保坂和志さん(61)と円城塔さん(45)の話から、小説という表現の可能性が見えてくる。(海老沢類)

                   

保坂和志さん「ハレルヤ」…確かなこの瞬間を残す

 「短い枚数で完結性を持つ、短編のウエルメイドな(うまく作られている)感じが嫌だった。でもある時点で、勝手に散らかして終わることもできる、と分かったんですよ」

 堅牢(けんろう)な構成はなく、随筆を書き進むように、一つの挿話を別の挿話に連ねていく。4編からなる『ハレルヤ』(新潮社)にはそんな自由闊達(かったつ)さがある。

 今年の川端賞を受けた収録作「こことよそ」の語り手は、還暦を迎えた作者自身らしき「私」。『谷崎潤一郎全集』の月報エッセーを執筆する「私」は、「世に出る前の鬱屈」が題材の谷崎作品に触れ、作家志望だった20代の自分を思い出す。映画を一緒に撮った亡き友の顔、1990年代のCMフレーズ、実父の事故死…。現在と過去を行き来し、小説は厚みを増す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ