PR

ライフ ライフ

【信州ワイド】シルクからワインの街へ 長野県東御市の田沢地区 第1弾は酒屋復活

地元有志が復活させた「関酒店」。観光客や住民との交流の場になっている=長野県東御市(久保まりな撮影)
Messenger

 シルクからワインへ-。かつて養蚕で栄えた長野県東御市田沢地区の里山を、ワインの街として売り出そうとする動きが活発化している。第1弾として地元有志が一軒の酒屋さんを復活させ、地元産ワインなどを販売し、地域住民や観光客の交流拠点になりつつある。8月中旬からは同地区で民泊も始め、ワイン用ぶどうなどの農業体験プログラムの実施を検討している。ワインで街のにぎわいを取り戻せるか。地元住民の挑戦が続く。(久保まりな)

空き家を活用

 「酒屋さんを復活させたらどうか」

 人口約600人の同地区で地元有志が集まった席上、こんな話が持ち上がったのは昨年春のこと。地元有志とは、同地区で地域活性化を目的に活動する人たちで、平成24年ごろから、地元産ワインや野菜の即売会などを市内や東京で開催している。

 同地区はかつて養蚕が盛んだった。50年ほど前に養蚕製糸業が衰退した後、ぶどうに適した自然条件を生かし、主要産業はワインにシフトした。現在では地区内に3つのワイナリーができ、県を代表する「千曲川ワインバレー」の一大拠点となっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ