産経ニュース

【西日本豪雨】両陛下 日帰り2回、ヘリ利用の強行日程は被災地の負担への「ご配慮」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
両陛下 日帰り2回、ヘリ利用の強行日程は被災地の負担への「ご配慮」

 天皇、皇后両陛下の西日本豪雨被災地へのご訪問は2回に分け、日帰りで行うことが正式に決まった。ヘリを使う強行日程の背景には、復旧作業にあたる被災地関係者らに迷惑をかけられないという両陛下の強いご意向がある。来年4月の陛下の譲位を前に、被災者に寄り添う変わらぬ姿勢を示される訪問になるが、両陛下の負担は小さくない。

 両陛下は西日本豪雨発生以降、静岡への私的旅行や那須御用邸での静養を取りやめ、常に被災地を気にかけてこられた。

 両陛下は早期の現地訪問を望む一方で、災害対応にあたる現地関係者にご配慮。3県の知事の被災状況の説明も、知事が公務で上京する際に合わせて皇居・御所に招かれた。自治体側の手間を省くため説明資料などは遠慮されたという。

 西日本豪雨では、訪問される3県だけでも被災地は広範囲に及ぶ。一方で、両陛下は今月下旬には福井県での国体、10月は皇后さまの誕生日、全国豊かな海づくり大会(高知県)などの行事へのご臨席が控える。こうした点も考慮し、宿泊しないことで地元自治体の負担も回避でき、警備の場所も減らせるヘリを使った日帰り訪問が決まった。

 体力的には厳しいものとなるが、両陛下は平成28年5月、熊本地震の被災者を見舞った際にも、日帰りで現地を訪れ、ヘリを利用されている。宮内庁幹部は「両陛下の思いと譲位までのスケジュールを勘案し、この時期、この方法しかない」と話した。

「ライフ」のランキング