PR

ライフ ライフ

築地市場の図書室も豊洲へ移転 魚関係3000冊や市場の貴重な資料も

引っ越し前の築地市場内にある図書室「銀鱗文庫」(築地魚市場銀鱗会提供)
Messenger

 築地市場(東京都中央区)が10月11日に豊洲市場(江東区)に移転するまであと1カ月となった。引っ越し準備が本格化する中、築地市場内にある小さな図書室「銀鱗文庫」も豊洲に移る。築地開場当時の資料など貴重な文献も多い。

 文庫は、築地市場の業者でつくる「築地魚市場銀鱗会」が1962年、場内の建物の一室に開設。かつては一般書籍も多かったが、専門性に特化するため処分し、現在では水産や市場関係の約3000冊がそろう。魚市場が日本橋にあった時代の印刷物や、35年の築地開場前後の業界報などが含まれる。豊洲では駅直結の管理施設棟3階に入居する。 見学に来た子どもが安心して座れるよう床をチーク材に張り替えるなど、引っ越しにかかる費用は約700万円。業者の廃業に伴い運営会費も減っており、文庫では1口1万円からの寄付を受け付けている。問い合わせは銀鱗会、電話03(3541)7194。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ