産経ニュース

“まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


“まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ

上甑島(鹿児島県)の「長目の浜」。幅50メートルの砂州が4キロにわたって続く絶景 上甑島(鹿児島県)の「長目の浜」。幅50メートルの砂州が4キロにわたって続く絶景

 離島に魅せられて7年。その間に旅した島は40を超えるという「離島女子」が、旅の記録をまとめて1冊の書籍にした。都会の日常とは違う、“異世界”ともいえる場所で出合った驚きの数々がつづられている。離島の魅力とは?

きっかけは粟島

 「離島ひとり旅」(辰巳出版、1500円+税)を出したのは、東京都内のラジオ局に勤める大畠順子(おおはた・じゅんこ)さん(35)。

 国土交通省の定義では、北海道・本州・九州・四国・沖縄本島の5つ以外の島を「離島」と呼ぶ。平成30年現在、有人(人が住んでいる)離島は418島とされる。

 大畠さんは7年前、粟島(新潟県粟島浦村)を訪ねて離島に魅せられた。同県の佐渡島を旅行した際、その北にもう一つ島があること知り、気になって2カ月後に訪ねた。

 海岸線約20キロの粟島には、道路が2本しかなく信号機は1つしかなかった。大畠さんは、役場で自転車を借りて島を一周したが、職員から必ず役場の自動販売機で飲み物を買うよう念を押された。途中、自販機も店もないからだった。

 大畠さんは、東京とはあまりに異なる生活と景色に驚いたが、もっと離島を知りたくなった。

 粟島から戻ってほどなく、最南端の離島である波照間島(はてるまじま)(沖縄県)と最西端の与那国島(沖縄県)を訪ねた。翌年は、北方領土を除く有人離島で最北端の礼文島(北海道)へ飛んだ。

 さまざまな島について調べた。行きたい島がだんだん増えて、週末や休日に、どんどん出かけた。

続きを読む

このニュースの写真

  • “まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ
  • “まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ
  • “まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ
  • “まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ
  • “まるで異世界” 40島以上を旅した「離島女子」が語る「離島ひとり旅」のすすめ

「ライフ」のランキング