PR

ライフ ライフ

【TOKYO まち・ひと 物語】「仕事バー」(江東区) グラス片手に「働く」を語る 

しごとバー「編集家ナイト」で話す(右端から)今井夕華さん、角めぐみさん=東京都江東区のリトルトーキョー
Messenger

 清澄庭園(東京都江東区)近くに変わったバーがある。多目的スペース「リトルトーキョー」で開かれる「しごとバー」はグラスを片手に、その業界人をゲストに迎え仕事の話を聞く場だ。運営するのは求人サイト関連会社「シゴトヒト」だ。ネットでは分からない仕事の様子、喜びなどを生の声で知ることで、職業がより身近になっていく。

 なごやかな雰囲気で

 取材の日は「編集家ナイト」。地方を旅しながら、取材や記事の書き方、写真撮影を学ぶ「旅するスクール」を主催する角めぐみさんらがゲストとなり、編集の仕事を紹介した。約20人の参加者は、編集の仕事をしてみたい人、地方移住を考えている人など動機はさまざまだ。

 同スクールは昨年、宮城県山元町のPR用フリーペーパーを請け負い、スクール参加者が取材した記事や撮影した写真を掲載して作り上げた。今年も参加者を募り、フリーペーパーを作成するという。

 角さんは「地方への移住はお見合いのようなもので、ハードルが高い。山元町は定住ではなく、長く関わり続ける『関係人口』を求めている」と発言。編集の技術を学ぶ機会があれば、町に訪れやすいのでフリーペーパーを発行することにしたと説明した。

 その後、参加者から質問が出た。

 「取材はどうするのですか」

 「地元の編集者が同行して、事前にデモ取材をするので感覚をつかんでください」

 「写真も撮影するのですか」

 講師の一人、フォトグラファーの栗原大輔さんが「その場で教えますので心配なく。でも少しは触っておいてください」と回答。途中で昨年のスクール参加者が経験を話すなど、なごやかに進んでいった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ