PR

ライフ ライフ

長野で4人が食中毒 O121検出 「モスバーガー アリオ上田店」

Messenger

 長野県健康福祉部は10日、上田市のファストフード店「モスバーガーアリオ上田店」で飲食した長野、小諸両市など10~20代の男女計4人が腹痛などを訴え、検査の結果、いずれも腸管出血性大腸菌「O121」が検出されたと発表した。これを受け、同店を食中毒の原因施設と断定し、12日まで3日間の営業停止を命じた。

 同部によると、4人は別のグループで8月20日に同店でハンバーガーなどを食べ、同24日以降に発症した。4人のうち3人は一時入院したが、現在は退院して全員快方に向かっている。

 同店は、上田市のアオキエンタープライズが、モスフードサービス(東京)とフランチャイズ契約を結んで経営している。モスフードサービスは「全国の店舗で施設の洗浄や消毒を実施し、調理マニュアルの再点検など再発防止に努める」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ