PR

ライフ ライフ

初の物資回収カプセル JAXA、11日に打ち上げ

こうのとり7号機に搭載する物資回収用の小型カプセル(JAXA提供)
Messenger

 国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ補給機「こうのとり」7号機が11日、種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Bロケットで打ち上げられる。宇宙実験で作成した試料を地上に回収するための小型カプセルを初めて搭載し、日本独自のISSからの物資回収に挑む。

 こうのとりは現行の物資補給機で世界最大の輸送能力を持つが、物資を運んだ後は大気圏で燃え尽き廃棄され、帰還できない。このため日本は実験試料の持ち帰りを米露の宇宙船に頼っており、回収までに時間がかかるなどの課題を抱えている。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発したカプセルは円錐(えんすい)に近い形で直径84センチ、高さ66センチ。ISSを離脱するこうのとりの外側に取り付け、降下中に分離。南鳥島の周辺海域に着水し、船で回収する。

 約20キロの試料を搭載でき、今回は日本実験棟「きぼう」での実験で得たタンパク質の結晶など約5キロを収納。来月末にも回収し、試料を研究者に届ける。

 開発責任者の田辺宏太チーム長は「物資回収技術の獲得は日本の宇宙開発の大きなステップになる」と話す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ