産経ニュース

強制不妊手術 個人特定3033人 記録なしも救済検討

ライフ ライフ

記事詳細

更新


強制不妊手術 個人特定3033人 記録なしも救済検討

不妊手術を強制された人数(A)と個人特定の資料がある人数(B) 不妊手術を強制された人数(A)と個人特定の資料がある人数(B)

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、厚生労働省は6日、自治体の記録で強制手術を受けた個人名が特定できたのは計3033人になったとの調査結果を与党ワーキングチーム(WT)に報告した。与党WTは来年の通常国会への提出に向け救済法案の作成を目指すが、記録が残っていない人も救済できる仕組みを検討するという。

 不妊手術は約2万5千人が受けたとされる。旧厚生省の資料では、そのうち本人同意のない強制手術が確認されているのは1万6475人。今回の調査で個人特定は2割弱にとどまり、全員救済は困難であることが判明した。

 調査結果によると、都道府県別で最も多かったのは宮城の900人で、次いで北海道830人、埼玉330人、千葉318人が多い。旧厚生省の記録よりも人数が多い自治体があったが、原因は不明という。20歳未満が849人で3割に上り、最年少は宮城の9歳とみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 強制不妊手術 個人特定3033人 記録なしも救済検討

「ライフ」のランキング