PR

ライフ ライフ

【正論】台湾に生きた明治日本人の精神 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

Messenger

 「私が1日休めば、日本の近代化は1日遅れるのです」

 パリ留学中、夜を日に継ぐ猛勉強に体を壊しかねないと気遣う下宿の女主人が、ある朝、高熱でうなされながらなお大学に向かおうとする古市公威(こうい)に、“今日は1日休んだらどうか”と声をかけたのだが、その際に古市の口から出た言葉だという。

 ≪「人類ノ為メ 国ノ為メ」

 古市とは、信濃川、阿賀野川などの河川工事の監督にあたり、明治期日本に河川・港湾工学の黎明(れいめい)を告げた人物である。西洋文明をいち早く吸収して独立不羈(ふき)の近代国家たらねば、日本は文明国の一員として生存できない。自分は今、国費で賄われ西洋文明吸収の最前線にいる。高熱など恐れているゆとりはない。強烈なエリート主義とナショナリズムを背負う明治の技術者の気概をこのエピソードは物語っているのであろう。

 古市は後に東京帝国大学工科大学長となり、その門下生に広井勇(いさみ)を得た。広井は、北海の激しい風浪の小樽港に防波堤を構築したことで知られる技術者である。古市の後を襲って工科大学教授となり、「広井山脈」と呼ばれる逸材を近代日本に供給し続けた。

 広井の門下生の青山士(あきら)は、工科大学を卒業するやパナマ運河の建設に加わることを決意。単身、熱帯病の猖獗(しょうけつ)する建設現場に赴き作業員となり、力量を買われて測量技師になった。帰国後の青山に任されたのが信濃川大河津分水事業という世紀の難事業であった。竣工(しゅんこう)を記念して建てられた川沿いの碑には「人類ノ為メ 国ノ為メ」と刻印されている。何としなやかにも美しい表現であろうか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ