産経ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大逆事件をめぐって(上)革命闘争はまず恋愛から? 奔放に生きた管野スガ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【本郷和人の日本史ナナメ読み】
大逆事件をめぐって(上)革命闘争はまず恋愛から? 奔放に生きた管野スガ

荒畑寒村 荒畑寒村

 ぼくが大学に入学した昭和50年代には、いわゆる「左」勢力のオルグ活動が盛んでした。夏休みなどに自然を満喫しながら合宿をし、改革を議論しよう。かわいい女の子も参加するよ、と勧誘を受けたのです。同級生だったぼくの妻などは、狭い場所での若い男女の共同生活とか、なんか気持ち悪い、絶対に行かない!と嫌悪感をあらわにしていました。まあ連合赤軍事件などを見ると、たしかに女性の「同志」は仲間内で人気が高く、複雑な男女の関係が育まれやすかったようです。

 今年のはじめ、和歌山県新宮市は大逆事件(幸徳事件)で刑死した同市出身の医師、大石誠之助(1867~1911年)に、名誉市民の称号を贈りました。大逆事件とは明治43(1910)年、明治天皇への爆弾テロを企てたとして、社会主義者・無政府主義者が次々と逮捕され、著名なジャーナリストであった幸徳秋水をはじめとする12人が処刑された事件ですが、実際に関与したのは宮下太吉・新村忠雄・管野(かんの)スガらで、幸徳や「毒取る(ドクトル)さん」と地元・新宮で多くの人に慕われた医師の大石らは冤罪(えんざい)であった可能性がきわめて高い。少なくとも新宮市は、大石は無実であると判断したわけです。

 皇族の弑殺(しいさつ)を大逆といい、そうした犯罪を広く大逆事件といいます。近代史上で大逆事件は4件計画されていますが、ふつう大逆事件というと、明治末年の幸徳事件を指します。国家元首たる天皇の暗殺という驚天動地の計画の存在を知った明治政府は、この機会に社会主義者や無政府主義者の一網打尽を図ったといわれます。ちなみに大杉栄、荒畑寒村、堺利彦、山川均らは獄中にいたために、事件への連座を免れました。

続きを読む

「ライフ」のランキング