PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】心不全患者にも緩和ケアを チーム医療の土台が重要

Messenger

 チームはこのため、初回入院時から栄養や運動など本人の生活環境に目配りし、まず再入院の予防に力を入れる。「緩和ケアもこの延長線上にあります」と佐藤さん。

予測は困難

 世界保健機関(WHO)が2014年に発表した報告書によると、終末期に緩和ケアを必要とする疾患は、心不全を含む心血管疾患が38%と、がん(34%)を上回る。特徴的な症状として呼吸困難が知られるほか、不安など精神的苦痛の訴えもある。だが心不全の緩和ケアはがんのようには普及していない。

 佐藤さんによると、原因の一つは、入退院を繰り返しながら悪化する心不全の進行の仕方にある。「最期はいつか」の予測は専門医にも難しく、患者や家族は「治療すればまた良くなる」と考え積極的な治療を希望する傾向がある。そのため「緩和ケアの標準的な方法が確立されにくく、医療者と患者側が早い段階で終末期について話し合うのも難しい」という。

学ぶ機会なし

 佐藤さんが代表世話人を務める心不全緩和ケア研究会が、循環器疾患の診療に熱心な約千の医療機関にアンケートしたところ(回答率54%)、98%が心不全の緩和ケアは必要だとしたが、患者側と具体的なことを協議するのは「最期が近くなった時」が84%に上った。73%が「悪い知らせの伝え方を学ぶ機会がなかった」と答え、これも取り組みを遅らせる一因になったとみられた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ