PR

ライフ ライフ

中高生の悩み相談、LINE利用が電話の10倍 長野県

Messenger

 長野県教育委員会は、夏休み前の7月1~29日(第1期)にかけて、中高校生を対象に実施した無料通信アプリのLINE(ライン)を使った悩み相談窓口「ひとりで悩まないで@長野」について、受け付け状況(速報)をまとめた。期間中に寄せられた相談の対応件数は345件に上り、県教委が同時に開設している電話相談窓口と比べ、約10倍の件数に上った。初めての試みが功を奏した形で、インターネット上の会員制交流サイト(SNS)を利用した相談窓口の利便性が証明された。(太田浩信)

気軽にアクセス

 LINEの相談窓口は、昨年9月に県教委と県が全国に先駆けて初めて実施。約2週間の試みだったが、547件の相談が寄せられた。

 匿名性が担保されるなどアクセスの気軽さから、相談したくてもできなかった潜在層を掘り起こしたとみられ、文部科学省は今年度、県の取り組みを踏まえ、SNSを活用した相談体制の構築事業を予算化し、全国の自治体で事業化の動きが広がっている。

 県教委によると、第1期の29日間に寄せられたLINE相談窓口への「友だち登録」は1712件に上り、対応時間(午後5~9時)内へのアクセスは655件に達したという。ただ、回線が混雑してふさがっていたり、相談員が手いっぱいだったりして対応できなかった相談が310件あった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ