PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】ゲームクリエーター・田尻智(3)フリークが集まった

東京高等専門学校に通っていた頃(本人提供)
Messenger

 〈ポケットモンスターを生み出すよりずっと前、東京工業高等専門学校(東京高専)在学中の昭和58年、ミニコミ誌「ゲームフリーク」を創刊。これがゲームの世界へ本格的に関わる端緒となった〉

 ゲームが好き、というのがまずあって、ハイスコアを出すコツとか裏技とかを編み出したりしたんだけれど、それを話せる相手がいなかった(笑)。相当なゲーム好きでないと、「おおっ、スゴイ」という反応は返ってきませんからね。どうしたらゲーム好きの人たちと情報交換できるかを考えて、編集したのが「ゲームフリーク」です。

 新作ゲームや攻略法などを手書きし、コピーしたのをホチキスで留めただけで、新宿(東京)にあった同人誌を扱う書店に「これ、置いてください」と…。1冊10ページ余りで200円。フリーク(心酔者)と名付けたのは、ただのファンで終わりたくない、という思いがあったからです。

 〈同誌は毎号ほぼ完売状態。編集に協力したいと、ゲーム好きの仲間たちが次々に集まってきた〉

 マンガやアニメの同人誌はあっても、ゲーム専門のものは当時はほとんどありませんから、創刊号から反応は良かったです。でも、送られてくる手紙の中に「もう少しマシな絵を描いた方がいい」というのがあって(笑)。手紙の主が、後にポケモンをはじめゲームキャラクターのデザインを担当することになる杉森君(杉森建・現ゲームフリーク常務取締役)。彼は漫画家志望で、すぐに意気投合して表紙などのイラストをお願いしました。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ