PR

ライフ ライフ

辻仁成さん新作「真夜中の子供」 少年に救い、歓楽街の希望

作家、辻仁成さん
Messenger

 「今の僕の小説は海外に住んでいるから書けるものばかりですよね」。フランスのパリに暮らす作家、辻仁成さん(58)の新作『真夜中の子供』(河出書房新社)は日本屈指の歓楽街である福岡の博多・中洲(なかす)が舞台。眠らぬ街でたくましく生きる無戸籍の少年らの群像劇に、遠くフランスから見た日本の姿が重ねられている。(海老沢類)

                  

 主人公は、中洲でホストとホステスとして働く両親に育児放棄された少年・蓮司(れんじ)。親の都合で出生届は出されず戸籍はない。小学校にも通わずネオン街を駆け回り「真夜中の子供」と呼ばれていた。生まれた街を愛し、自分の安全地帯のような小さな「中洲国」の設立を宣言する蓮司だが、ある事件を境に姿を消す。近いようで遠い、自分の確たる居場所と現実的な夢をつかみ取ろうともがく少年の十数年がつづられる。

誰もが親に

 「ネットで日本からのニュースに触れて、すごく驚くんですよ」と辻さんは言う。「親が子をほったらかしたり、生まれたばかりの子供を殺したり…。虐待や育児放棄といった問題が普通に起きている。何かが違う、一体どうしたんだろう?という思いが根底にはある」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ