PR

ライフ ライフ

御嶽山頂の規制が一部解除へ 長野・木曽町側の登山道

Messenger

 2014年の噴火災害以降、山頂付近への立ち入り規制が続く御嶽山(長野、岐阜県)について、麓の長野県木曽町が登山道や避難シェルターの整備が進んだとして、同町側から山頂に至る登山道に限り、9月末をめどに規制解除する方針を固めたことが4日、町への取材で分かった。

 5日に岐阜県で開催される、地元自治体などでつくる火山防災協議会の会合で報告する予定。同協議会の議論も参考にし、解除に向けた作業を進める。同町は被災した山頂付近の山小屋を解体し、約90人を収容できるシェルターを設置。火山灰に覆われるなどしていた登山道の復旧もほぼ完了したとしている。

 御嶽山は14年9月27日に噴火し58人が死亡、5人が行方不明となり、現在も火口から約1キロの範囲で規制が続いている。同じく麓の長野県王滝村や岐阜県下呂市は、対策が済んでいないとして規制を継続する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ