PR

ライフ ライフ

整備中過失でソユーズ宇宙船に穴か ロシア関係者「怠慢が原因」

 カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロケットで打ち上げられるロシアの宇宙船ソユーズ=6月6日(タス=共同)
Messenger

 国際宇宙ステーションで、接続されているロシアのソユーズ宇宙船に開いた小さな穴が原因で空気の圧力が低下したトラブルで、ロシアの複数のロケット・宇宙部門関係者は、ソユーズを地上で整備中に穴が過失で開けられ、ふさぐ措置も十分でなかったのが原因と明らかにした。関係者らは整備に「怠慢」があったと指摘した。国営ロシア通信が3日報じた。

 穴は今年6月のソユーズ打ち上げ前に開いたという。ふさぐために使われた密閉剤が乾燥し、圧力で再び穴が開いたとみられる。ロシア通信は対処に当たった「怠慢の責任者は特定された」と報じた。

 一方で、ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのロゴジン社長は3日、穴が開いたのが地上なのか宇宙なのか両方の可能性を調査中だと語った。当初指摘していた隕石(いんせき)衝突の可能性は否定した。

 滞在中の米国、ロシア、ドイツの宇宙飛行士計6人に安全上の問題はないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ