PR

ライフ ライフ

【主張】原発浄化水 海洋放出への理解を促せ

Messenger

 その気持ちは十分に分かるが、汚染水発生の根を絶つには、デブリの回収が不可欠である。そうした廃炉工程の本格化に当たってもタンク群の撤去、整理による作業スペースの確保が欠かせない。

 それにはトリチウム水の放出が必要なのだ。経済産業省の小委員会は8月末に福島県内と東京都内でトリチウム水の取り扱いについての説明・公聴会を開いたが、正しい理解の普及と風評の抑止のためには、広報・広聴活動の全国展開が必要だろう。

 誰が放出を決定し、その時期をいつにするかの選択も重要だ。

 規制委は海洋放出を唯一の方法として東電に決断を促しているが、東電が決めれば地元の反発を招くだけである。

 この大役を担えるのは、安倍晋三首相だけであろう。トリチウム水についても「アンダーコントロール」を宣言してもらいたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ