PR

ライフ ライフ

10月6日開催の土浦全国花火競技大会で「花火弁当」販売 関係者が試食会

試食会で披露されたさまざまな「花火弁当」=3日午後、土浦市役所(篠崎理撮影)
Messenger

 10月6日に茨城県土浦市で開催される第87回土浦全国花火競技大会で販売される「花火弁当」の試食会が3日、同市役所で開かれ、彩り豊かな料理に関係者が舌鼓を打った。

 和洋中の9業者が特色ある弁当を販売し、値段は2千~3千円が中心。いずれも土浦名物のレンコンや霞ケ浦産のつくだ煮など地元食材をふんだんに使っている。

 弁当は予約制。各店のホームページなどから弁当を選び、申込書をファクスで送る。弁当は大会当日に桟敷席近くの引き渡し所で受け取る。

 試食した土浦市の中川清市長は「お弁当があれば花火がさらに楽しくなる」と話していた。

 問い合わせは同市観光協会(電)029・824・2810。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ