PR

ライフ ライフ

【知ってる?!】SDGs(1)地球規模の問題を考えよう

SDGsの17目標
Messenger

 最近、新聞やテレビでも報じられることが増えてきた「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」。貧困や飢餓をなくし、平等で平和な地球を未来につなごうという活動だ。個人にとっては大きなテーマだが、これをどう受け止め、行動につなげていけばいいのか。国連広報センター(東京都渋谷区)の根本かおる所長に聞いた。

 「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)として、2015年9月に国連サミットで採択、提示された17の目標がSDGsで、16年から30年を実施期間としています」

 「貧困をなくそう」に始まり、教育やジェンダー平等、気候変動、平和-など訴える内容は幅広い。

 「日本での意識調査では男性の方が認知度が高くなっています。これはSDGsがビジネスの文脈で語られることが多く、人々の暮らしやライフスタイルにまでまだ浸透していないことの表れではないでしょうか」

 今年は、スタートから3年目になるが、「当初はゼロだった認知度が今では15%を超えていますが、まだ高いとはいえません。一人一人の暮らしや権利に影響する世界共通の目標ですから、人ごとではなく『自分のこと』だと感じて行動したり、声を上げたりしてほしいです」と根本さんは話している。(取材協力 国連広報センター)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ