PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】ゲームクリエーター・田尻智(1) 人気ポケモンの生みの親

Messenger

 ポケモンシリーズは、特殊な能力を持つ生物(ポケモン)をパートナーにしたプレーヤーが、別のポケモンとの対戦を重ねながら冒険を続け、ポケモンリーグのチャンピオンを目指すというゲームです。冒険の途中で珍しいポケモンを集め、それを他のプレーヤーと交換できるのが最大の特色。生物を捕まえたり育てたり、友達と交換したり対戦したりするのは、今も昔も、子供たちを夢中にさせる要素ですよね。それがあるから、かつて子供だった大人たちも含め、長く親しまれているのです。

 〈異例のロングヒットを続けるポケモン。それを考案した原点はどこにあるのか〉

 原点となったのは、昆虫採集に夢中だった僕自身の小学生時代の体験。それをスタッフと話し合い、「自分も似たような経験をした」「私もした」という、一人一人の体験を投影して深みを増していったのがポケモンの世界観です。(聞き手 川瀬弘至)

                  

 【プロフィル】田尻智(たじり・さとし)

 昭和40年、東京生まれ。東京工業高等専門学校在学中からミニコミ誌「ゲームフリーク」を編集・発行し、卒業後はゲームライターとして活躍。その一方、仲間とともにゲームソフトの自主制作に取り組み、平成元年にアクションゲーム「クインティ」を開発、ナムコから発売された。これを機に「ゲームフリーク」を会社組織とし、ゲーム事業を本格化。「ポケットモンスター 赤・緑」をはじめとするポケモンシリーズ、「ジェリーボーイ」「ヨッシーのたまご」「マリオとワリオ」「パルスマン」など多数のゲーム開発に関わった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ