PR

ライフ ライフ

【この本と出会った】『個人完訳 小泉八雲コレクション 心 日本の内面生活がこだまする暗示的諸編』 俳優・浜畑賢吉 日本らしさ捨てた日本の衰退予見したハーン

『個人完訳 小泉八雲コレクション 心』
Messenger

 このたび、縁あって明治の文筆家、ラフカディオ・ハーンを舞台で演じることになりました。

 ハーン=小泉八雲と聞くと『怪談』がすぐに思い浮かびますが、ハーンの芝居を創(つく)るにあたり改めて他の作品を読み返してみて、西洋と東洋を見渡してきた類(たぐ)い稀(まれ)な洞察力で日本を見ていたことに驚かされました。赤子が舐(な)めた舌で世間の事象を感じるように、五感全てを使って日本人の内面を舐め取っていたように思えます。

 「停車場にて」は、熊本市中で起きた強盗事件の結末を描いています。かつて犯人は捕縛を振りちぎって巡査のサーベルを奪い、巡査を殺して逃げていました。その凶悪犯をみつけ熊本駅に連行した警察官は、見物する大勢の市民の中から巡査の妻とその背に負われた男の子を呼び出して犯人と対決させたのです。

 警察官は母親にではなく、事件当時はまだ生まれていなかった背中の子供に話しかけるのです。「坊やを可愛(かわい)がってくれるお父さんがいないのはこの男の仕業(しわざ)なのだよ。辛(つら)いかもしれないが、良く見て御覧(ごらん)!」と。子供はついに泣き出しますが、犯人も耐え切れずに「御免なあ! 坊や、許してくれ!」と、心からの悔恨の情を吐露します。憎くてやったんじゃない、怖くてしたことだと、子供に許しを請うのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ