PR

ライフ ライフ

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(34)統治四半世紀の「発展」 日韓併合で朝鮮民衆は救われた

京城駅。日本統治時代に建設された朝鮮の鉄道網は5000キロを超えた
Messenger

前のニュース

 日本の朝鮮統治は、第6代朝鮮総督(昭和6~11年)、宇垣一成の時代に、「四半世紀」を超える。ある程度の“腕力”をもって朝鮮の近代化に道筋をつけた「武断政治」の時代、大規模な抗日・独立運動「三・一事件」(大正8年)以降の緩やかな「文化政治」の時代を経て、朝鮮統治は、安定成長期に入っていたといえるだろう。それ以降は、戦時体制の中で、朝鮮統治も皇民化政策が次第に色濃くなってゆく。

 四半世紀の日本統治によって朝鮮はどう変わったのか? この時期の『宇垣一成日記(一如庵随想録)』の記述を見てみたい。

 《日韓併合ができたればこそ、朝鮮民衆は暴虐の悪政から匡救(きょうきゅう)(悪を正し危難から救うこと)されて文化幸福に浴しつつある…》(昭和7年2月)

 多少の“上から目線”を感じないでもないが、それが「真実」であった。朝鮮のカネ・コネによる政治腐敗によって住民は苦しめられ、近代化が絶望的に立ち遅れていたことは、何度も書いてきた通りである。

 宇垣が「南綿北羊」の農業振興策を進めたことは前回(33回)書いた。朝鮮全土を混乱状態に陥らせた「三・一事件」は道路、鉄道、港湾などのインフラ整備、農、工、商、林業の振興、教育や衛生環境の改善を一時、頓挫させたが、「文化政治」以降、それらの施策は再び加速され、より充実度を増してゆく。

 ◆植林で禿げ山を緑化

 《山の多きは…国民の幸福である。水源の涵養(かんよう)、気候の調節…燃料および建築材の供給地…紙や人絹や綿の原料たらしむることを得るのみならず、羊、牛、馬の家畜類の放牧地ともなり得る…》(7年6月)

 「禿(は)げ山」は朝鮮の悪(あ)しきシンボルだった。11年発行の『25年!朝鮮は何を得たか?』によると、朝鮮は全国土の約4分の3を林野が占めるが、乱伐や火田民(焼畑農業)によって荒廃が激しく保水力の消失による災害も多発していた。

 日本は、朝鮮の植林・緑化に努め、8年までに行った植林事業は、国費経営事業だけで、造林面積約6万2千町(1町=約100アール)、植林本数約1億900万本に上った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ