PR

ライフ ライフ

サラリーマン漫画が予見した「未来」 父権喪失から失われた20年まで

Messenger

金太郎、ほえる!

 暴走族の総長だった漁師の矢島金太郎が、経営陣や総会屋と大げんかした後、仲間になっていく「サラリーマン金太郎」は、学歴より実力が重視される現代を見通したような設定だ。会場内には、「サラリーマン金太郎」の一場面のセリフを考える参加型イベントも実施。地元小学生も参加しており、独特の発想力による秀逸なひと言で笑わせてくれる。(文化部 伊藤洋一)

 開催中。9月24日まで。観覧料は一般500円、65歳以上400円、高校・大学生250円、中学生以下は無料。15、24日は午後2時から、学芸員によるギャラリートークがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ