PR

ライフ ライフ

【びっくりサイエンス】ガリレイも驚き? 木星の衛星、一挙に12個増えて79個に 命知らずの“逆走”も

木星の一部(左)とガリレイが発見した4つの衛星の合成画像。衛星は上からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト(NASA提供)
Messenger

 地球は月という1個の衛星を従えている。太陽系の他の惑星では、水星と金星がゼロ、火星が2個などと衛星の数はさまざまだ。最も多い木星では最近、一挙に12個も発見されて計79個になり、天文学者の注目を集めている。中には他の衛星に衝突するリスクを抱えながら“逆走”している命知らずも見つかった。

巨大な引力で大家族に

 太陽系最大の惑星である木星は地球の約11倍の大きさがある。重さは318倍もあるため引力が大きく、小惑星や彗星(すいせい)などの小さな天体を引き寄せやすい。このため多くの衛星を持つ素地があり、これまでに67個もの衛星が見つかっていた。

 このうち4つは1610年にイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが発見したもので、直径3千~5千キロと特に大きく双眼鏡でも確認できる。うち太陽系最大の衛星「ガニメデ」は水星より大きい。内部に海を持つ可能性が指摘されており、欧州が2022年に探査機を打ち上げ、詳しく調べる。日本も観測機器の開発などで協力する見込みだ。

 残りの衛星は大半が岩石片で、大きさは最大でも200キロほどと小ぶりだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ