PR

ライフ ライフ

消防学校初任科生が5カ月の訓練成果を披露 茨城・茨城町

訓練の成果を披露する消防学校の105期初任科生=31日、茨城県茨城町(永井大輔撮影)
Messenger

 茨城県立消防学校(同県茨城町長岡)で31日、消防職員初任教育第105期初任科の総合展示訓練が行われ、今年4月に入校した初任科生120人が7日の卒業式を前に、それぞれの所属長や家族たちに訓練の成果を披露した。

 初任科生たちは消防車からホースを伸ばして放水する消火活動や、はしごをかけ、高所の要救助者の救出活動などに臨み、5カ月間で磨きをかけた技術を次々と見せていた。

 同校の飛田剛利(まさとし)校長は、「消防学校で学んだことを十分に発揮できた訓練だった」と講評。第105期初任科の総代、小林智也さん(29)は「消防学校の厳しい訓練を糧に、災害現場では1人でも多くの命を救いたい」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ