PR

ライフ ライフ

国際宇宙ステーション、圧力わずかに低下 隕石の衝突が原因か「安全問題なし」

Messenger

 米航空宇宙局(NASA)は30日、国際宇宙ステーションで空気の圧力がわずかに低下するトラブルが生じたと発表した。滞在中の米国やロシアなどの宇宙飛行士6人の安全に問題はないとしている。

 タス通信はロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスの社長の話として、ステーションに接続されているロシアのソユーズ宇宙船で1・5ミリのひびが見つかり、内部から修繕したと報じた。微小の隕石(いんせき)の衝突で空気が漏れたとみられるという。

 ソユーズ宇宙船は宇宙飛行士をステーションに送り届ける輸送手段として使われている。NASAや宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、日本時間30日朝、ステーション全体で圧力がわずかに下がっていることに地上管制官が気付いた。

 ステーションには、2019年の終わりごろに野口聡一さんが滞在する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ